銀座三越の催事を終えて


 実は私自身、有松鳴海絞というすばらしい伝統をSOU・SOUがプロデュースさせていただくまでは全く知らずにいました。

昨年行った青山店での展示会でその染まり方の面白さや多くの技法による柄の数々に魅了されました。そして今回の銀座三越の催事では販売に立たせていただき沢山の方々と話をする事が出来ました。 ほとんどの方が有松鳴海絞りについてはご存知でした。しかし同時に「懐かしい」や「昔はねー」等の声を多く聞き、ああ、もう過去のものになっているのだなと感じました。そしてSOU・SOUが取り組む目的というのは、きっと次世代への新しいアプローチなのだとも思いました。 



有松鳴海絞りが流行ではなく今の生活にすっと溶け込んでいるようなそんな存在になれば素敵だと思います。販売する私は有松鳴海絞を知らない方には知るきっかけを、過去のものに感じてらっしゃる方には新たな印象を与えられるよう努めていきたいと思います。

今回銀座三越にご来店いただいたお客様、商品製作に励んでくださった職人の方々、ありがとうございます。

杉本
2008.04.10|15:57イベントcomments(0)|-
<< 有松鳴海絞りDVD「匠の世界」発売開始ホーム家庭画報特選「温もりのある快適生活道具」2008年夏号に掲載 >>
コメント
コメントする