2007年、有松絞りまつり!
有松のお祭りの日はいつも晴れて暑くなる、ゆかた解禁――名古屋に住む友人からそう聞いていたとおり、6月2日、有松絞りまつり初日の朝は快晴でした。そしてもっともっと暑くなりそうな気配です。

有松は名古屋から電車で20分足らず。普段は素通りする急行が停車するとのアナウンスも流れ、お祭りムードは名古屋駅からはじまっています。降り立った有松駅はまだ10時にもなっていないのに、すでに人でいっぱい。毎年10万人が訪れる、というのにも納得です。



街道沿いはさらに賑やかで、絞り商品満載のワゴンはびっしり並んでいるし、からくり人形を載せた山車からは陽気な祭囃子が聞こえてきます。道の真ん中には新しいデザインや復刻デザインの絞りの浴衣が飾られ、太陽の下で風になびき、気持ちがよさそう。もちろん、SOU・SOU×有松鳴海絞の浴衣や洋服もたくさん!でした。

着物好きの友人たちとまず最初に向かった先は“伝説の手蜘蛛絞り手ぬぐい”コーナー。村瀬裕さんの手ほどきを受けて、手ぬぐいに3つ「蜘蛛」を絞りました。インディゴで染めて、水洗い。そしてすぐにほどきます。ドキドキ…。できばえは…上々かな?



手ぬぐいを乾かしながら、街を歩き、ワゴンをしばし物色。子どもたちの行進を何度か目にしました。とってもポップでユニークなこのTシャツは、きっと子どもたちがそれぞれ、おもいおもいに絞ったもの。これは大人には作れない絞りなのかも知れません。

普段は公開していない竹田嘉兵衛商店の広〜いお屋敷も、このときばかりは全開放。浴衣や雑貨のみならず、高級呉服も並び、眼にも華やかです。そしてここ竹田嘉兵衛商店の敷地にある蔵がまるまるSOU・SOUブースとなっていました。蔵のなかは現代風に改装されており、ここは時には音楽家を呼んでコンサートを開く場所なのだとか。元気いっぱいでカラフルなSOU・SOU×有松鳴海絞は、伝統的で現代的なこのスペースと、申し合わせたようにぴったりマッチしていました。

おなじみの張正さん(こちらは街道からすこし離れていますが、有松駅のすぐそばです。着物好きにはぜひ訪ねるべきお店!)では、染め上がったばかりの反物を見せてもらって、いつもよりちょっと割引のお値段(笑)に喜び、さてどれにしようかしらと悩む、なによりうきうきする時間です。



SOU・SOU×有松鳴海絞で素敵な手ぬぐいを作っている山口善照さんの工房へも寄せてもらい、有松鳴海を後にしたのは、もう夕方のことでした。

有松絞りまつりの二日間は、何よりも「作る人」と「着る人」「使う人」が直接会うことのできる貴重な機会。この地・有松が開村して今年で399年、なんと来年で開村400年を迎えるそうです。節目の年、来年はどんな有松絞りまつりを見せてくれるのでしょうか。
佐藤文絵
2007.06.21|23:34イベントcomments(3)trackbacks(0)
6月2、3日は有松絞りまつり、SOU・SOUも出店します!


毎年6月の第1土日に行われる有松の一大イベント、有松絞りまつり。
毎年約10万人の人が訪れるそうです。
今年は、有松の美しい町並みのひとつである名古屋指定文化財「竹田邸」にて、
SOU・SOUの絞り商品を限定発売します。

この産地の絞り加工の多くを海外に依存しているのが現状ですが、
SOU・SOUではこの産地の職人が作る本物の絞りのみを発売致します。
また、来年度に発表されるSOU・SOUプロデュースによる
この産地企業のオリジナルブランドも少しご紹介させていただく予定です。
この機会に是非ご覧下さい。




●第23回有松絞りまつり
2007年6月2日(土)・3日(日)
午前10:00〜午後5:00
東海道有松かいわい

●「絞りまつり東海道総踊り」
2日(土)のみ
午後6:30〜8:30開催


印刷用のチラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)。


2007.05.15|14:15イベントcomments(0)trackbacks(0)
展示会を終えて
11月28日(火)・29日(水)の2日間、京都産業会館で開催された展示会「有松鳴海絞り in Kyoto」も無事終わり、少し落ち着いた感じの今日この頃です。

全体の印象としては、まずまずだったと思います。お金でも時間でもなく、“限られた意識”の中で出来上がったSOU・SOUのサンプルたちは、会場で一際異彩を放っていましたので(笑)。

来年もまたSOU・SOUがプロデュースすることになったら、今回のはるか上をいくものが出来る予感がします。おそらく、来年のほうが協力してくださる職人さんたちが増えると思うからです。“限られた意識”というのもそういう意味です。

SOU・SOUや他のデザイナーがいくらプランを立てようが、どうしようが、職人が賛同してくれなければ意味がありません。

今回を皮切りに、次回、そのまた次回とお互いの信用が増していけば、作るものもどんどん良くなっていくと思います。そしてそれが理想です。

SOU・SOU netshopでは、手ぬぐいを中心に少しずつ先行販売していこうと思っています。豆絞りや久福筋をはじめ、本物の有松鳴海絞りがお求めになれます。是非チェックしてみてください。
また今後は“職人の声”もこのホームページでアップしていこうと思いますので、そちらもお楽しみに。

SOU・SOU 若林剛之

展示会の様子


展示会の様子
2006.12.08|09:30イベントcomments(0)trackbacks(0)
<<|2/4 ページ|>>